総合治水について
総合治水の概要・必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
 
総合治水について
総合治水とは
総合治水を知っていただくために
総合治水とは
 今まで、田畑や山林だったところに、住宅や工場などが建ち、道路ができて開発が進むと、河川は治水上の新しい問題に直面します。


1. 人口・資産の集中
 開発が進んだ河川流域には、人口・資産が集中していくので、いったん災害がおきると被害が大きくなります。
2. 流域の保水・遊水機能の低下
 田畑に降った雨水が地面に溜まったり、しみ込んだりして、ゆっくりと川に流れ込むのに対して、建物や道路に降った雨水は、溜まったりしみ込んだりせずに、そのまま川に流れ込みます。このため、開発が進んだ流域では、大雨になると、一気に川の水量が増え、洪水被害が起きる危険性が高くなります。
3. 従来の治水対策では不十分
 従来、洪水被害の危険がある河川では、川幅を拡げたり川底を掘り下げたりする河川改修によって、沿岸を洪水被害から守ってきました。しかし、この方法だけでは、開発が進むスピードに河川改修が追いつくことが出来ません。
 
以上のことから、地域の開発と河川改修を一体として考えた総合治水が必要となりました。
愛知県では、都市化の著しい新川流域と境川流域で総合治水を進めています。その内容は次のようなことが柱となります。
・ 築堤や遊水地建設などの河川改修
・ 低下した保水・遊水機能を確保するような施設整備(流域対策)
・ 適正な土地利用の誘導

流域対策
1. 保水機能保全対策
2. 遊水機能保全対策 3. 低地地域保全対策
・市街化調整区域の保持
・開発に伴う調整池設置等
・ため池の保持等(境川流域)
・既開発地の保水機能保全対策
・市街化調整区域の保持
・盛土の抑制
・自然遊水地区の保持
・内水排除ポンプの運転調整
  (新川流域)

流域対策のあれこれ
公園を利用した貯留施設

透水性舗装
 雨水を通しやすいアスファルトなどで舗装し、その下には砕石と砂を敷きます。雨水がアスファルトを通過し、砕石や砂の間に貯留され、地中にしみこみます。
透水性舗装

浸透ます
 透水性の雨水ますのことで、周辺には砕石を充填します。 材質は、透水性コンクリートのものや、コンクリートに穴を空けたもの、合成樹脂素材に穴を空けたものなどがあります。
 浸透ますを使うと、入ってきた水の一部が地中に染み込みますので、河川に流れ込む雨水の量を減らすことができます。
 ただし、ごみなどが詰まりやすいため、屋根の水を受ける雨水ますに設置することが望ましいです。

浸透ます 浸透ます断面図

浸透トレンチ
 透水性の排水管のことで、周辺には砕石を充填します。材質は、透水性コンクリートのものや、コンクリートに穴を空けたもの、合成樹脂素材に穴を空けたものなどがあります。浸透トレンチを使うと、入ってきた水の一部が地中に染み込みますので、河川に流れ込む雨水の量を減らすことができます。浸透面の面積が大きいため、浸透ますよりも高い効果があります。

浸透トレンチ 浸透トレンチ断面図

▲上へ戻る