新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
前頁にもどる
新川流域の治水
大口町の取り組み
取組内容
問い合わせ
大口町の取り組み
 公共施設への浸透貯留施設の設置など積極的に保水機能、遊水機能の維持に努めることで住民の生命や財産を水害から守り、住民生活の安全性を高めます。
大口町の雨水貯留浸透施設
 大口町健康文化センターに隣接する駐車場は雨水流出抑制機能があり、少量の雨であれば、施設内に敷設されているアスファルトを通して地下へ浸透していきます。また、浸透できなかった雨水についても一時的に貯留できるような機能も併設しており、少しでも河川に負担がかからないようさまざまな工夫がされております。

全景 工事中
全景 工事中

▲上へ戻る

雨水利用簡易貯留施設補助制度
 平成14年度より雨水の有効利用を促進し、渇水及び洪水の軽減、防災対策の推進並びに地域で水資源の循環再生を図ることを目的とした浄化槽転用施設及び簡易貯留施設の設置を補助対象としました。詳しいことについては、環境課環境グループまでお尋ねください。

雨水利用タンク
洪水ハザードマップ
 大口町では、東海豪雨(平成12年9月)で最も強く降った地域の雨が新川流域に降った場合を想定し、町内における浸水の深さや避難に関する情報を地図にまとめた洪水ハザードマップを作成しました。詳しい内容については大口町の公式ホームページ内に掲載されていますので是非ご覧ください。
大口町HP内ハザードマップ(http://www.town.oguchi.aichi.jp/2402.htm)

▲上へ戻る

問い合わせ
(総合治水に関するお問い合わせ先)
 大口町建設部建設農政課
(ハザードマップに関するお問い合わせ先)
 大口町地域協働部町民安全課
(雨水利用簡易貯留施設補助制度に関するお問い合わせ先)
 大口町地域協働部環境課
 電話:0587-95-1111(代表)
 HPアドレス:http://www.town.oguchi.aichi.jp/

▲上へ戻る

前頁にもどる