新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
前頁にもどる
新川流域の治水
名古屋市の取り組み
取組内容
問い合わせ
名古屋市の取り組み
 流域の都市化が著しい河川では、従来流域が有していた保水・遊水機能が低下するとともに、人口・資産等の集中により潜在的危険性が増大しています。このような状況の中で治水の安全性を高めるために名古屋市では、地域の開発と河川改修を一体として治水の安全性を確保する治水整備である「総合治水」を周辺環境の向上にも配慮しながら推進しています。
 名古屋市では、平成12年9月の東海豪雨で甚大な被害を受けたため、大きな被害が集中した区域を対象に、緊急雨水整備事業を実施していますが、新川流域でも様々な施設を整備しています。

緊急雨水整備事業
 名古屋市内の新川流域において、西区庄内川以北の小田井地域を始めとして、東海豪雨で約3,700棟の床上浸水が発生しました。そのため、緊急雨水整備事業として、平田・喜惣冶ポンプ所を毎秒約14.7m3増強するとともに、小田井貯留管を始めとする雨水貯留施設を14か所約120,000m3(小学校の25mプール約480杯分)を建設しました。



小田井貯留管位置図 (道路の地下20m、直径4.25m、延長約4km、貯留量54,000m3)

(右下:トンネルを掘るシールドマシン)

貯留管の仕組み

掘削完了状況(H16年3月)
道路の地下にトンネルを掘り、大雨が降った時に一時的に雨水を貯めます。

▲上へ戻る

雨水流出抑制の普及啓発
   「雨水流出抑制」とは、雨水を地中に浸み込ませたり、一時的に貯めたりすることをいいます。
 水害から名古屋を守るために、名古屋市ではたくさんの雨水の貯留浸透施設を作っていますが、市民の皆様にも「雨水流出抑制」への協力をお願いしております。
そこで、雨水流出抑制施設を設置する際に活用していただくことを目的に、市域のどのあたりが雨水浸透に適しているかの目安を示した「浸透適地マップ」を作成するとともに、パンフレットを用いてPR活動を行っています。
雨水を浸透、または貯留させる施設の設置にご協力をお願いします。

パンフレット

 


▲上へ戻る

洪水ハザードマップ
 名古屋市では庄内川や新川の堤防が決壊したときや、雨の量が下水道の能力を超えて雨水を排水しきれないときに、皆様のお住まいの地域がどの程度浸水する恐れがあるのかや避難場所を示している「あなたの街の洪水・内水ハザードマップ」を平成22年6月に作成し、全戸に配布したほか、各区役所総務課でも配布しています。また、ホームページ上でも公開しておりますので、いざというときの対応について事前に話し合っていただいたり、考えていただきたいと思います。

ハザードマップ

▲上へ戻る

問い合わせ
(総合治水に関するお問い合わせ先)
 名古屋市緑政土木局河川部河川計画課
 電話:052-972-2884
 E-mail:a2881@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp
 HPアドレス: http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-4-12-0-0-0-0-0-0-0.html
 名古屋市上下水道局技術本部計画部下水道計画課
 電話:052-972-3797
 E-mail:gkeikaku @jogesuido.city.nagoya.lg.jp
 HPアドレス:http://www.water.city.nagoya.jp/category/saigaisonae/index.html
(浸透適地マップに関するお問い合わせ先)
 環境局地域環境対策部地域環境対策課
 電話:052-972-2675
 E-mail:a2675@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
 HPアドレス: http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000076892.html
(ハザードマップ等防災関係に関するお問い合わせ先)
 名古屋市消防局防災・危機管理部災害対策課
 電話:052-972-3591
 E-mail:00saitaikikaku@fd.city.nagoya.lg.jp
 HPアドレス: http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/20-2-6-6-0-0-0-0-0-0.html

▲上へ戻る

前頁にもどる