新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
前頁にもどる
新川流域の治水
清須市の取り組み
取組内容
問い合わせ
清須市の取り組み
枇杷島駅東地区駅前広場地下貯留池
 平成12年度の東海豪雨において甚大な被害を被った。この被害を軽減、解消するためにJR枇杷島駅東地区駅前広場に雨水を10,400t貯留することができる地下貯留池を平成18年3月から供用開始しています。
枇杷島駅前調整池
枇杷島駅前調整池
枇杷島駅前調整池
東小学校オンサイト調整池
 清洲東小学校グランドの周囲に壁を設置し、雨水を約1,570t貯留できるオンサイト調整池を平成16年10月から供用開始しています。
 これにより、東海豪雨のような大雨時にグランドに一時的に雨水を溜め、下流域や河川への負担を軽減するものです。
東小学校
東小学校
東小学校
大通公園雨水調整池
 東海豪雨時に浸水被害が甚大であった区域で被害の軽減、解消を図るため区域内の大通公園内に4,200tの地下雨水調整池を設置し平成17年4月より供用開始しています。また、公園の復旧整備に当たっては、降雨を少しでも地中に浸透させるため浸透桝等を計画しています。
大通公園雨水調整池
大通公園雨水調整池(工事)
大通公園雨水調整池(工事)
 このように、皆さんが普段から使用している公共施設などが、洪水を防ぐ施設の一つとして利用されています。
中之切保育園、中之切公園の雨水流出抑制施設
中之切保育園 全景 中之切保育園 放流桝
中之切公園 全景 中之切公園 小堤と排水溝
芳野ポンプ場
 東海豪雨で甚大な浸水被害を受けた芳野排水区(62ha)の内水排除を目的とし、芳野ポンプ場(計画排水量6.22m3/s)を平成27年度末の供用開始を目指し、整備を進めています。
※計画排水量6.22m3/sは第1期整備分

▲上へ戻る

雨水浸透桝、雨水貯留槽設置補助金
 清須市では、雨水流出の抑制と地下水の涵養を図るため、住宅等に雨水浸透桝、雨水貯留槽を設置した人に対し補助金を交付します。 これにより雨水による浸水や冠水被害の減少を図ることを目的としています。(開発行為など一部補助対象外の場合もあります。)
◆浸透桝
  1基につき3万円を補助します。ただし建築面積に応じて設置基数の制限があります。

浸透桝設置数
建築面積
浸透桝設置数
100m2未満 3基以内
100m2以上〜150m2未満 4基以内
150m2以上 5基以内

浸透桝配置例
浸透桝配置例

雨水浸透桝標準構造図
雨水浸透桝標準構造図

◆貯留槽
  貯留槽100リットル当たり7,000円を補助します。ただし補助の上限額は7万円です。
水害対応ガイドブック
 近年、各地で豪雨と呼ばれる量の降雨が記録されています。
 本市も平成12年9月に東海豪雨を経験し、災害に強い街づくりを目指していますが、自然が相手である以上再び起こらないとは限りません。
清須市では、水害時における行動のとり方を広く皆さんに知っていただくため「水害対応ガイドブック」を作成しました。

▲上へ戻る

問い合わせ
(総合治水に関するお問い合わせ先)
 清須市建設部土木課
 E-mail:doboku@city.kiyosu.lg.jp
 電話 052-400-2911(内線2131)
(ハザードマップ等防災関係に関するお問い合わせ先)
 清須市総務部防災行政課
 E-mail:bosaigyosei@city.kiyosu.lg.jp
 電話 052-400-2911(内線1231)
 HPアドレス:http://www.city.kiyosu.aichi.jp

▲上へ戻る

前頁にもどる