新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
前頁にもどる
新川流域の治水
北名古屋市の取り組み
取組内容
問い合わせ
北名古屋市の取り組み
 北名古屋市は、名古屋市の北側に隣接し、鉄道や高速道路網など恵まれた交通機関を背景に、近年、住宅地や工業地の開発が盛んに行われ、急速に都市化が進んできました。このため雨水を一時的に貯めたり、地下に浸透させる機能があり、河川への雨水の流出量を抑える働きをしていた田畑などがコンクリートやアスファルトに覆われ、河川へ短い時間で多くの雨水が入ってくるようになったために、洪水の危険性が増してきています。また、河川に入りきれない雨水によって、低い土地での浸水被害の危険性も増してきています。
画像  県や国は洪水や浸水を防ぐため、川幅を拡げたり、川底を掘るなどの河川の改修を行っていますが、それだけでは、急激な開発によって増加する雨水を安全に流すことが出来ません。そこで、流域内に雨を貯めたり、地下に浸透させる施設を作り、河川に一度に入ってくる雨水の量を減らすことが必要です。
 こうした背景のなかで北名古屋市では市内の学校や公園の地下に雨水を一時的に貯める施設を建設し、市民の皆様が安心して暮らせるように治水対策を行なっています。
 このような雨水を貯める施設は、現地の条件に最も適した方法で、様々な形状や形式のものがあります。
 
プラスチック製地下貯留施設
(師勝小学校)
現場打ちコンクリート製貯留施設
(鍜治ケ一色調整池)
 
プレキャストコンクリート製地下貯留施設
(能田中央公園)
掘下式貯留施設
(親水公園)

▲上へ戻る

雨水貯留施設設置奨励金交付事業
  北名古屋市では、住民の皆様に総合治水対策に関心を持っていただくとともに、少しでも多くの家庭に雨水貯留施設を設置していただき、総合治水対策にご協力していただくことを目的として、奨励金制度を設けています。
雨水貯留タンクの例(市役所西庁舎駐輪場)
詳しくは、北名古屋市HP(http://www.city.kitanagoya.lg.jp/profile/soshiki/shisetukanri/kanri04.php)
をご覧ください。
ハザードマップ
 現在ハザードマップを北名古屋市HP
 (http://www.city.kitanagoya.lg.jp/moshimo/shelter/index.php#01
 でご覧いただけます。
河川監視カメラの設置
 北名古屋市では、市内の5箇所に河川監視カメラを設置しています。
 現在の河川の様子を北名古屋市HP(http://www.city.kitanagoya.lg.jp/moshimo/camera/index.php)で確認することができます。

▲上へ戻る

問い合わせ
(総合治水に関すること)
 北名古屋市建設部 都市整備課
 電話:0568-22-1111(内線2260)
 E-mail:toshi@city.kitanagoya.lg.jp
 HPアドレス:http://www.city.kitanagoya.lg.jp/profile/soshiki/toshiseibi/index.php
(ハザードマップ等防災関係に関すること)
 北名古屋市防災環境部 防災交通課
 電話:0568-22-1111(内線2206)
 E-mail:bosai@city.kitanagoya.lg.jp
 HPアドレス:http://www.city.kitanagoya.lg.jp/profile/soshiki/bousai/index.php
(雨水貯留施設設置奨励金交付事業に関すること)
 北名古屋市建設部 施設管理課
 電話:0568-22-1111(内線2255)
 E-mail:shisetsu@city.kitanagoya.lg.jp
 HPアドレス:http://www.city.kitanagoya.lg.jp/profile/soshiki/shisetukanri/kanri04.php

▲上へ戻る

前頁にもどる