新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
  前頁にもどる
新川流域の治水
稲沢市の取り組み
取組内容
問い合わせ
稲沢市の取り組み
雨水調整池
 稲沢市北市場本町三丁目地内では、稲沢北市場土地区画整理事業により調整池が設置されています。この施設では、雨水を1,475m³(お風呂約5,000杯分)貯めることができます。
 また、稲沢市下津町地内では、尾張西部都市拠点地区土地区画整理事業及び下津陸田土地区画整理事業に併せ調整池が設置されています。下津地区2箇所の調整池全体で、8,490m³(お風呂約28,300杯分)貯めることができ、尾張西部都市拠点地区土地区画整理事業で設置した調整池の上は、駐輪場として有効利用しています。
 これらの施設は、大雨が降ったときに河川の負担を減らすため一時的に雨水を貯めておくものです。大雨の時には洪水を防ぐために活躍しています。
北市場本町三丁目地内の調整池
全 景
 
工事中の様子
施設の概要
下津町地内の調整池
全 景
工事中の様子
施設の概要

▲上へ戻る

洪水ハザードマップ
 稲沢市では大雨によって浸水する恐れがある場合、非難時の心得や避難場所等を知っていただくため洪水ハザードマップを作成しました。地図の着色は、100年に一度起こると予想される大雨によって浸水の恐れのある範囲を示しています。災害への対応は日頃からの心構えが大切です。災害時のためにどんな準備をしておけばいいのか、自分たちの避難場所はどこなのか、普段から確認しておきましょう。
 詳しくお知りになりたい方は、
稲沢市HPのハザードマップ(http://www.city.inazawa.aichi.jp/kurashi/hazard_map/)
をご覧下さい。

また、稲沢市のホームページからもリンクできます。

▲上へ戻る

問い合わせ
稲沢市建設部土木課河川グループ
電話:0587-32-1111
HPアドレス:http://www.city.inazawa.aichi.jp/

▲上へ戻る

前頁にもどる