境川の治水対策
総合治水の概要・必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
総合治水の概要・必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
境川流域の治水
治水について
流域の概要
お知らせ
総合治水対策協議会
特定都市河川浸水被害対策法
  ■流域水害対策計画とは
  流域水害対策計画について
  雨水浸透阻害行為許可等
  保全調整池の指定
  都市洪水想定区域及び都市浸水想定区域の指定
東海豪雨
住民アンケート結果
治水についての取り組み
愛知県の取り組み
市町の取り組み
流域水害対策計画とは
総合治水対策の沿革
 境川・猿渡川流域における昭和40年代に入ってからの水害の頻発は、流域の開発に伴って洪水の流出形態が変化してきたことが主な原因です。
 早急に治水安全度を上げるためには、河川整備のみではなく、流域での流出抑制対策を含めた各種の治水対策を流域関係機関が一体となって取り組む必要があることなどから、昭和57 年に関係する県及び市町により「境川流域総合治水対策協議会」を設置し、昭和58 年には「境川流域整備計画」を策定しました。
 これに基づき治水施設の整備を早急に実施するとともに、流域が従来から持つ保水・遊水機能の維持を図る方策を流域関係機関の合意のもとに推進し、洪水時の被害軽減策をも含めた総合的な治水対策を講じることとしました。
 
現状の課題
 前述の流域整備計画に基づき、河川整備及び流域での流出抑制対策を進めてきましたが、境川・猿渡川流域の都市化の進展は想定を上回るものです。境川・猿渡川流域は昔から農業用水として、ため池が多く利用されてきましたが、近年では開発による埋立てによるため池の消失や機能喪失も流出量増加の一因となっています。
 また、近年では局所的な大雨による浸水被害が頻発しています。
 そのため、河川と下水道が更なる連携のもと効果的に整備を進めるとともに、流出抑制施設の整備推進や農地やため池の保全も積極的に図る必要があります。
 
都市化率説明図
 
境川・猿渡川流域水害対策計画の策定
 都市化の進展が著しい境川・猿渡川流域では、河川のみの対策または下水道のみの対策だけでは浸水被害を防止することに限界があることから、総合治水対策のより一層の推進を図るため、平成24年4月1日に「特定都市河川浸水被害対策法」に基づき、境川、逢妻川、猿渡川を特定都市河川に、また、境川流域、猿渡川流域を特定都市河川流域に指定しました。
 同法の適用により、一定規模以上の雨水浸透阻害行為に対しては、技術的基準に従った雨水貯留浸透施設の設置が必要となり、流域での開発に対する流出抑制が確実に図られることとなりました。
 愛知県と流域の10市2町は、平成26年3月25日に「境川・猿渡川流域水害対策計画」を共同で策定し、公表しています。
 この計画は、流域の浸水被害防止を図るため、今後概ね30年間で実施するさまざまな雨水処理対策を取り入れた計画で、今後、更なる流域での連携の強化により、流域の治水安全度の早急かつ確実な向上を図ることとしています。
 ここでは、流域水害対策計画を掲載しています。
 
→流域水害対策計画はこちら
 
流域水害対策計画
 

▲上へ戻る