境川の治水
総合治水の概要・必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
境川流域の治水
治水について
流域の概要
お知らせ
総合治水対策協議会
特定都市河川浸水被害対策法
  流域水害対策計画とは
  流域水害対策計画について
  雨水浸透阻害行為許可等
  保全調整池の指定
  都市洪水想定区域及び都市浸水想定区域の指定
東海豪雨
住民アンケート結果
治水についての取り組み
愛知県の取り組み
市町の取り組み
愛知県の取り組み
 愛知県では、境川流域の33の県管理河川の工事及び維持管理を行っています。
境川流域の県管理河川一覧表
本川 一次支川 二次支川
境川 五ヶ村川 明徳寺川、岡田川
石ヶ瀬川 鞍流瀬川
砂川、明神川、皆瀬川  
正戸川 阿野川
発杭川、井堰川、茶屋川、若王子川、前川、小石川、新寺田川、井守川  
逢妻川 恩田川、後川、流れ川、水干川  
逢妻女川 布袋子川
逢妻男川  
猿渡川 下り松川、森前川  
吹戸川 割目川
石田川  
現在の河川事業進捗状況と整備予定について
境川流域河川事業の進捗と平成27年度計画(予定)について 主な河川整備の状況(1)
(PDFファイル:443KB) (PDFファイル:610KB)
主な河川整備の状況(2)
(PDFファイル:875KB)
これまでの主な取り組み
 愛知県では、特に流下能力が低い下流部を中心に、河川整備を実施してきました。
 これまでに実施している主な工事箇所には、「JR東海道本線境川・逢妻川橋梁」の改築工事があり、平成11年度に事業着手し、平成18年度にすべての工事が完了しました。
JR東海道本線境川・逢妻川橋梁改築工事の概要
@橋梁の架替の必要性
 元の橋梁の橋脚は、間隔等が狭く流水を安全に流すことが出来ませんでした。また、今後、河川改修により川幅が広くなり、河床も掘り下げられるため、元の構造では対応できなくなり、架替が必要となっていました。
A橋梁の概要
 本橋は、鉄道橋ではまだ実施例は少ないエクストラドーズド橋という形式の橋梁です。
エクストラドーズド橋とは
  エクストラドーズド橋は、桁外に斜ケーブルを設置することにより、斜張橋と近似した外観形状となっています。しかし、斜ケーブルの設置角度が、斜張橋よりも鋭角になっているため、斜ケーブルは桁を吊るというよりも桁に圧縮力を作用させる機能により自重及び列車加重を支持しています。
B橋梁部の施工順序
1.現況
2.新設橋梁の構築(平成13〜15年度)
3.上り線切換え(平成16年度)
4.下り線切換え(平成17年度)
5.切換え完了・既設橋梁の撤去(平成18年度)
 

▲上へ戻る

その他の河川改修
 この他、境川、逢妻川、猿渡川において、下流部を中心に築堤・護岸工、サイフォン補償工事、橋梁改築等を行っています。
 また、境川の一次支川である発杭川では、洪水時に発杭川の水を境川に排水するための「発杭川排水機場」の整備を行いました。(平成16年度完了)
 
発杭川排水機場 井畑橋
発杭川排水機場(刈谷市) 井畑橋(猿渡川)(安城市)

▲上へ戻る